×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


洗濯物の改善、洗濯用洗剤の活用

洗濯物の生乾きの改善について



洗濯物は夏の時期になると干した時になかなか乾かず生乾きと言う状態になり、臭いが出て数日臭いが取れないなどの状態になることがあります。

まだ使用したばかりの衣類などであればそれほど臭いは出ないようですが、使い続け衣類に皮脂などが溜まっていくと生乾きの臭いと言うのは強くなるようです。

改善方法としては殺菌作用の強い漂白剤や漂白剤入りの洗剤を使う、できるだけ洗濯物同士の間隔をあけて風通しをよくして早く乾くようにする、サーキュレーターなどを使って乾かすなどがあります。

人気の高い洗剤と言えば浄JOEなどがあります。



節水・節電・肌にも優しい善玉バイオ洗剤!部屋干し臭わない♪ 00円OFFクーポン対象送料無料おまけ超増量中!!善玉バイオ洗剤 浄JOE 3個セット粉末洗剤/送料無料/部屋干し生乾きの臭い黄ばみ洗濯洗剤主婦時短省エネエコ節水口コミ



その他皮脂を良く落とすと言われているのがアメリカの洗濯用洗剤です。肉を多く食べ、肥満体型の人も多いので、皮脂を落としやすい洗剤になっているようです。

ゲイン ウィズ ファブリーズ ハワイアン 洗濯用洗剤(4.43L)【ゲイン(Gain)】[ハワイアン ゲイン 洗剤 液体洗剤]【送料無料】


普通に洗濯して臭いが出ても時間とともに臭いが弱くなっていく場合もありますが、
中にはなかなか臭いが取れない場合もあるので、そういう場合にはお湯で殺菌と皮脂をきれいに落とすことが効果的だと思います。

繊維や素材によってはお湯を使えないものもあるのでその点は気を付けてください。

だいたい少し熱い程度の50℃前後が適温のようです。

お湯できれいに落ちている場合は通気をそれほど意識しなくても臭いが出ない傾向にはなりますが、重ねて干すと多少臭いは出ることが多いので、やはり風通しを良くして干すことは大事だと思います。